Entries

【読書録】東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと

 大量の英文を毎日読まなければならなかった秋学期の反動からか、年末年始は電子書籍のKindleを通じて、読みたかった日本語の書籍を手あたり次第に読んでいます。その中でも、今後1年半の留学生活をどう過ごすかを考えるうえで、最も気づきの多かったのは、東大経済学部の伊藤元重教授の「東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと」という本です。以下に、特に印象に残った内容をメモとして残しておきたいと思います。東...

【読書録】やがて哀しき外国語

今年ケネディスクールから帰国した会社の先輩から勧めていただき、読んだ本を紹介します。村上春樹が1990年代前半にアメリカのニュージャージー州にあるプリンストンに住んでいた時のことを書いたエッセイ集です。やがて哀しき外国語 (講談社文庫)(1997/02/14)村上 春樹商品詳細を見る1 印象に残ったエピソード  この本には、全部で16のエピソードが載っていますが、その中でも、特に印象に残ったエピソードは、以下の2...

Appendix

プロフィール

tak

Author:tak
2014年8月より、ハーバード大学ケネディスクール(Harvard Kennedy School, HKS)に2年間留学しています。

HKSでは、エネルギー・環境政策や経済政策、交渉術、リーダーシップなどを学ぶ予定です。このブログでは、HKSでは何をどう教えているか、世界の政治経済分野のリーダーの考え方・習慣、英語学習の秘訣、その他日々の学び・感動を書き記したいと思います。

なお、このブログに書かれたことはすべて個人的見解によるものです。

最新トラックバック

ページビュー数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR