Entries

授業参加について

今学期の授業は、自分の興味の赴くままに取ったところ、大人数の授業が多くなってしまいました。授業5つのうち、リーダーシップの授業のみ20人強ですが、他の4つの授業は全て60人ほどいます。60人もいる授業だと、授業中に発言するのが中々大変です。というのも、どの授業も授業参加が成績の一定割合(10~40%)を占め、学生も自分に自信のある我の強い人たちが多いため、みんな躍起になって発言しようとするからです...

ガーナの大統領の講演に行きました

今週金曜日、ガーナのマハマ大統領(John Dramani Mahama)がケネディスクールに講演に来たので、聞きに行きました。マハマ大統領は、かつてガーナの日本大使館に勤めた経験があり、そこで日本人の勤労に対する姿勢に大きく刺激を受けたとのことです。講演では、ガーナがいかに民主化を果たしたか、西アフリカのモデルとなる経済成長を実現したか、今後の政策、特にIMFと連携していかに財政健全化を図るかについて語ってくれました...

キャンパスビジット

先週から今週にかけて、ケネディスクールは受験者のためのオープンハウスを開催していたため、日本からもキャンパスビジットに来られる方がいました。私がお会いした人だけでも、4名いらっしゃいました。ケネディスクールの良さは何かについて聞かれることが多く、あまり整理して答えることができませんでした。まだ学校が始まって一か月弱ですが、現時点で僕が思うケネディスクールの特徴、実際に留学してみてから感じたギャップ...

ヘンリー・リー教授とのオフィスアワー

先週木曜日に、エネルギー政策の授業の講師であるヘンリー・リー教授のオフィスアワーに行ってきました。最近の授業では石油と天然ガス市場について扱っていたため、特に日本のLNG戦略について詳しく聞いてみたいと思っていました。ただ、僕自身の英語力不足に加え(リー教授は割と聞き取りづらい早口で話します)、若干準備不足でオフィスアワーに臨んでしまったため、中々深いところまでは議論できませんでした。この反省を活か...

課外活動(ジャパンコーカス、ハーバード松下村塾)について

ケネディスクールで学ぶことの魅力の一つは、課外活動の機会が非常に多いことです。僕自身は、以下の二つの団体で、役職を務めることになりました。一つは、ケネディスクールのジャパンコーカスの代表です。ケネディスクール内の日本人という小さなコミュニティですが、リーダーシップを発揮するチャンスかと思い、立候補しました。また、他のコーカス(韓国コーカスやインドコーカスなど)や学校側からの様々な申し出の窓口となる...

初めてのアメリカ大学院でのレポート

明日締め切りのリーダーシップ論のレポートに追われ、ほぼ徹夜で執筆中です。このレポートが僕にとっては人生初のアメリカの大学院でのレポートです。合計4~6枚の短いレポートなので、日本語ならたぶん3~4時間ほどあれば書けると思いますが、その3倍くらいの時間がかかっています。英語の文献を読むのに時間がかかるということに加え、引用をどうやって示したらいいか、目録(Bibliography)をどうやって作ったらいいかなど...

ロバート・ローレンス教授とのオフィスアワー

貿易政策のロバート・ローレンス教授のオフィスアワーに行きました。主に話した内容は、以下のとおりです。初歩的かつ抽象的な質問をしてしまったために、深い議論にはならず、マクロ経済の基本をかみ砕いて説明していただく形になってしまいました。次回行くときは、もっと準備をして、高度なやり取りができるようにしたいと思います。Q. 日本の貿易赤字(Trade Deficit)を解消するために、どのような政策を打つべきか。A. まず...

ブログに書きたいことが溜まっています

ブログに書きたいと思っていることがたくさんあるのですが、授業の予習に追われ、まだ書けていません。週末は、平日の忙しさの反動のためか、リラックスして過ごしてしまう時が多く、もっとうまく時間を使えたらなと反省しています。今後書きたいと思っているのは、以下のとおりです。・授業で学んだことの整理(交渉術、貿易、エネルギー、アメリカの官民関係、リーダーシップ)・インドの元森林大臣が主催する気候変動外交に関す...

初めてのオフィスアワー

アメリカの大学・大学院には、オフィスアワーと呼ばれる制度があります。これは、「毎週火曜日の14時~16時まで」というように、授業を担当する教授があらかじめ設定した時間の中で、学生が教授のオフィスを訪問し、教授と一対一で色々と相談したり議論できるという制度です。今日、このオフィスアワーに行ってきました。日本の大学にはこのような制度はなかった(少なくとも僕の通った大学・大学院にはなかった)ので、初めて...

授業の予習の大切さ

先週までは授業を追加したり落としたりすることができたのですが、今週に入り、それもできなくなり、授業に参加するメンバーも固定化してきました。授業も本格化してきて、忙しさが加速度的に増してきました。月曜日と水曜日は1時間20分の授業が3コマ(交渉術、貿易、エネルギー)入っています。火曜日と木曜日は授業が2コマ(リーダーシップ、アメリカの官民関係)です。これに加え、今週から、毎週火曜日に交渉術のエクササ...

Appendix

プロフィール

tak

Author:tak
2014年8月より、ハーバード大学ケネディスクール(Harvard Kennedy School, HKS)に2年間留学しています。

HKSでは、エネルギー・環境政策や経済政策、交渉術、リーダーシップなどを学ぶ予定です。このブログでは、HKSでは何をどう教えているか、世界の政治経済分野のリーダーの考え方・習慣、英語学習の秘訣、その他日々の学び・感動を書き記したいと思います。

なお、このブログに書かれたことはすべて個人的見解によるものです。

最新トラックバック

ページビュー数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR