Entries

オサリバン教授との研究

 以前の記事でも書いた、メガン・オサリバン(Meghan O'Sullivan)教授のリサーチ・アシスタントの仕事ですが、5月の期末レポートが終わった12日から26日くらいまでに集中して研究をして、一旦アウトプットを提出しました。アメリカのシェール革命、それがもたらす「エネルギーが豊富に取れる時代(the New Energy Abundance)」が、日本の外交政策や国内の政策にどのような影響を与えているかについて、調査をしました。い...

春学期の成績など

 5月11日に試験が終わった後も、5月末までに何らかの成果を出す必要があるメガン・オサリバン教授の研究に加え、この5月か6月に日本に帰国してしまう同じ会社の先輩たちの送別会を企画したり、友人との食事などをスケジュールに入れたりして、過ごしていました。夏の間のサブレット(一定期間だけ他の人にアパートを貸与すること)の手続きや、アメリカの税申告の手続き、会社への留学生活の報告の手続きなど、事務作業も色...

春学期の授業のまとめ

 春学期に受講した授業の感想・評価を、1月期に受講したArts of Communicationsの授業と合わせて、載せておきたいと思います。全体的に、1月期と春学期に取った授業は、秋学期に取った授業と比べ、どれも満足度が高く、当たりでした。1 コミュニケーションの技法(DPI802MA:Arts of Communications)【講師】Holly Weeks【概要】 人を動かす上で効果的なスピーチのあり方について、実践とフィードバックを通じて学ぶ授業。二...

期末シーズン&5月の予定

 ケネディスクールは、全ての授業が終わり、期末試験やレポートのシーズンに入っています。今学期、僕は結局、「金融危機(Financial Crisis)」の授業は途中でドロップして、3つの授業のみ取りました。正直なところ、ジャパントリップの準備・企画に相当な時間を取られたので、4つの授業を受講し続けることが難しかったのが実情です。3つの授業のうち、「エネルギーの地政学(Geopolitics of Energy)」の授業は、最終レポー...

Appendix

プロフィール

tak

Author:tak
2014年8月より、ハーバード大学ケネディスクール(Harvard Kennedy School, HKS)に2年間留学しています。

HKSでは、エネルギー・環境政策や経済政策、交渉術、リーダーシップなどを学ぶ予定です。このブログでは、HKSでは何をどう教えているか、世界の政治経済分野のリーダーの考え方・習慣、英語学習の秘訣、その他日々の学び・感動を書き記したいと思います。

なお、このブログに書かれたことはすべて個人的見解によるものです。

最新トラックバック

ページビュー数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR