Entries

秋学期の授業選択の悩み

 最近は、秋学期の授業の選択について色々と頭を悩ませています。書くことで自分の頭の中も整理されるかと思うので、このブログに今考えていることを書いていきたいと思います。確実に取りたいと思っている授業:ITF225: The Future of Globalization: Issues, Actors, and Decisions 元ハーバード大学学長でオバマ大統領の経済政策アドバイザーも務めたローレンス・サマーズ教授と、貿易の政治経済学の授業で教わったロバート・...

インターンの総括

 6月1日~8月21日までのインターンを終え、ボストンに戻ってきました。携帯電話の契約を再開させたり、スクリーンが破損していたMacbook Proの修理を出したり、コースアシスタントの事務的な手続きをしたり等、新学期に向けて意外とばたばたと過ごしています。また、前回の記事にも書いたとおり、ボーゲル先生との今年度のボーゲル塾の方針に関する打合せや、オサリバン教授の授業のシラバスの改訂のお手伝い、授業の課題を...

秋からのチャレンジ

まだIAEAでのインターンは続いていますが、ケネディスクールが9月から始まることもあり、徐々に9月以降の予定も考え始めています。9月から始まる秋学期では、授業に真剣に取り組むとともに、主に以下の二つのことにチャレンジしたいと思っています。一つは、ハーバード松下村塾(ボーゲル塾)の幹事です。フレッチャースクールの新二年生になる方と二人でコンビを組み、一年間、幹事を務めます。ボーゲル塾は、ジャパンアズナン...

世界で活躍する日本人の資質

IAEAでのインターンの最終日を8月21日にしようと考えているので、いよいよ終わりが見えてきました。最終成果物として、「放射性廃棄物管理の経済性(Economics of Radioactive Waste Management)」に関する文書を完成させる必要があるので、少し追い込みをかけて、集中して取組んでいます。さて、3ヶ月間の国際機関でのインターンを通じて、世界で活躍する日本人はどういう資質を持っているのかというテーマを考え続けていま...

Appendix

プロフィール

tak

Author:tak
2014年8月より、ハーバード大学ケネディスクール(Harvard Kennedy School, HKS)に2年間留学しています。

HKSでは、エネルギー・環境政策や経済政策、交渉術、リーダーシップなどを学ぶ予定です。このブログでは、HKSでは何をどう教えているか、世界の政治経済分野のリーダーの考え方・習慣、英語学習の秘訣、その他日々の学び・感動を書き記したいと思います。

なお、このブログに書かれたことはすべて個人的見解によるものです。

最新トラックバック

ページビュー数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR