Entries

パブリックセクターで働くこと

 MPA2のクラスメイトに、仲の良い韓国系アメリカ人の友人がいます。彼は韓国で生まれましたが、すぐにアメリカに移住し、テキサスで一番有名なテキサス大学オースティン校を卒業します。卒業後は、小学校の教師を務めていましたが、キャリアチェンジをするため、ケネディスクールとニューヨーク大学ロースクールのジョイントディグリーの学生をしています。テキサス出身ということもあり、彼の関心はエネルギーで、同じ授業をいく...

辻井伸行さんコンサート&キャンパスビジット

1 辻井伸行さんコンサート 日曜日に、辻井伸行さんがボストンにコンサートをしにいらっしゃっるとの情報を得たので、急いでチケットを購入して、会社の同期と行ってきました。初めて生の演奏を聴かせてもらいましたが、心を揺さぶる白熱の演奏で、本当に感動しました。特に、東日本大震災の後に被災者の方々のために作曲された曲、「それでも、生きていく」は、自分がまさに仕事で直面した震災関係のことなど、当時の色々な感情...

ケネディスクールという選択について

 今年も出願の時期が迫ってきて、このブログを見てくれた人や、知り合いのつてなどから、ケネディスクールの出願に関する質問や、そもそもケネディスクールではどのようなことを学べるのかという質問を受けることが多くなってきました。過去にもケネディスクールの特徴について、いくつか記事(2014年9月、2014年10月)を書いていますが、ケネディスクールで学び始めて一年2か月を経て、考えもより整理されてきたので、この機会...

オサリバン教授から学ぶディスカッションのさばき方

 ケネディスクールでこれまで13科目授業を取ってきて、授業のディスカッションのさばきが上手な教授とそうでない教授がいると感じています。手前味噌ですが、今学期アシスタントとして仕えているメガン・オサリバン教授は、僕が取ってきたどの講師よりもディスカッションのさばきが上手だと感じています。僕はアシスタントとして、どの学生が授業中に発言したかをチェックしていますが、驚くべきことに、ほとんどの授業において...

シェール革命はアメリカの制裁の効果を高めるか

 エネルギーの地政学では、シェール革命がアメリカのエネルギー制裁の効果を高めるかということについて、議論を行いました。少し専門的で、日本には馴染みのないトピックですが、面白かったので紹介したいと思います。ちなみに、メガン・オサリバン教授は、制裁に関して研究をして論文も出していたことがあるので、この分野についてはかなり詳しいです。 まず、制裁には大きく分けて三つの種類があります。一つ目は、制裁の相手...

最近の出来事

 ブログの更新が滞っていましたが、毎日それなりに忙しくしつつも、充実した日々を送っていました。ここ最近の一番のニュースとしては、昨年度も運営に携わったジャパントレックを、来年の3月にも実施することに決めました。今年度は昨年度と比べて日本人のHKS学生も一人減り、ジャパントレック自体は実施することは義務では必ずしもないので、日本人学生同士の中で実施するかどうかの判断をする必要がありました。実際に引率に...

天然ガス版OPECは存在し得るか

 エネルギー関係の話題が続き、関心のない方には恐縮ですが、昨日のエネルギーの地政学の授業での「天然ガス版OPECは存在し得るか」という議論が面白かったので、紹介したいと思います。 OPECは80%の原油の生産シェアを占めていた1970年代と比べ、現在は30%にまで低減し、原油価格の変動に与えられる影響力は下がっていることが指摘されています。また、サウジアラビアが昨年11月と今年6月のOPEC会合で、原油生産量...

ジェブ・ブッシュ氏のエネルギー政策

 ケネディスクールは政治・公共政策の大学院ということもあり、2016年のアメリカ大統領選に学生は高い関心を示しています。前回の記事にも書きましたが、僕が今学期仕えている教授であるメガン・オサリバンも、共和党からの大統領候補者であるジェブ・ブッシュ氏のキャンペーンに関わっています。そのジェブ・ブッシュ氏が、火曜日に、ペンシルベニア州での講演の際に、新しいエネルギー政策を発表しました。このエネルギー政...

コーチングの技術

 マーシャルガンツのパブリック・ナラティブの授業を取っていて、得られた気づきがあったので、書いておきたいと思います。それは、コーチングという技術の重要性についてです。コーチングというと、日本では、スポーツの世界でテクニックを教えたり、戦術を指示する人というイメージが強いですが、アメリカでは、ビジネスの世界や人材育成の観点からよく使われています。実際、少し年上のクラスメイトが、エグゼキュティブ・コー...

Appendix

プロフィール

tak

Author:tak
2014年8月より、ハーバード大学ケネディスクール(Harvard Kennedy School, HKS)に2年間留学しています。

HKSでは、エネルギー・環境政策や経済政策、交渉術、リーダーシップなどを学ぶ予定です。このブログでは、HKSでは何をどう教えているか、世界の政治経済分野のリーダーの考え方・習慣、英語学習の秘訣、その他日々の学び・感動を書き記したいと思います。

なお、このブログに書かれたことはすべて個人的見解によるものです。

最新トラックバック

ページビュー数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR