Entries

2014年秋学期の履修授業

昨日と一昨日は秋学期の授業のショッピングデーでした。ショッピングデーとは、授業を担当する教授自らが、今学期に開催する授業の概要を30分ほどで説明するのに対し、学生が、関心のある授業を朝から夕方まで、ショッピングするかのように見て回る日のことです。

先週一週間のオリエンテーションや、ここ2日間のショッピングデーを通じて、僕自身考えが変わり、履修する授業を検討し直しました。

具体的には、
① ケネディスクールでしか取れない授業を取ろう。(ミクロ経済学などは、MIT Coursewareなどのウェブ上の授業や、独学でも十分に勉強できると考えました。逆に、交渉術などのソフトスキルの育成に関する授業は、ケネディスクールでしか取れないと思いました。)
② 自分の知識の幅を広げてくれる授業を取ろう。(アメリカ人や他の国々の人たちの歴史や経済、思想を学べるような授業を取ろうと考えました。オリエンテーションで感じたことでも書きましたが、日本にいては学べないような、アメリカ人や他国の人たちが共有している背景知識を身に付けることで、彼らとの会話に積極的に参加できるようになりたいと思います。)

上記を踏まえ検討した結果、以下の4つの授業を取ることに決めました。

1 交渉の行動科学(MLD224A:Behavioral Science of Negotiations)
 Julia Minson教授は、元々はペンシルベニア大ウォートン校(MBA)でも教えていた先生で、ケネディスクールに来てまだ二年目ですが、教え方が上手だとの定評があります。ケネディスクールにはMinson教授の授業以外にも多くの交渉術の授業が開催されていますが(有名なのはBrian Mandel教授)、Minson教授は社会心理学のバックグラウンドを持つことから、主に心理学の観点からいかに交渉を効果的に行うかを、毎週の二人一組でのエクササイズを通じて訓練する授業です。エクササイズの準備など、負担は大きそうですが、ケネディスクールに来た目的の一つが交渉術を学ぶことだったので、しっかりと取り組みたいと思います。

2 貿易の政治経済学(ITF110:The Political Economy of Trade)
 Robert Lawrence教授は、クリントン政権時代に大統領の経済アドバイザーを務めた教授です。なぜ国は貿易するかに関する理論や、WTOの仕組み、地域統合も含め、貿易政策の基礎を学ぶ授業です。学期の途中には、4人程度のチームに分かれ、貿易交渉を模擬的に行う「WTOシミュレーション」もあります。

3 エネルギー政策:技術、システム、市場(IGA410:Energy Policy: Technologies, Systems, and Markets)
 Henry Lee教授は、マサチューセッツ州のエネルギー政策に関わるなど、実務の経験も持ちつつ、ハーバード大学で30年以上の教授歴を持つ先生です。石油・ガス市場や原子力、再生可能エネルギー、電力市場まで、幅広くエネルギー政策の基礎を学ぶ授業です。学期の後半には、日本の福島事故以降のエネルギー政策に関するケースディスカッションもあります。既知の内容もありそうですが、僕自身、エネルギー政策を俯瞰的・体系的に学んだことがないので、この授業を機にしっかりと勉強したいと思います。

4 アメリカの官民関係(BGP100:The Business-Government Relationship in the United States)
 Roger Porter教授は、レーガン大統領の産業政策アドバイザーだった教授です。アメリカの官民関係や産業政策、貿易政策の特徴について、日本を含む他国との比較をしながら、学んでいく授業です。レーガン政権時代の話が多く、楽をしようと思えば楽をできる科目ですが、しっかりとした目的意識を持って授業に臨めば、得られるものは多いと考えました。僕自身、アメリカと日本の産業政策の違いや官民関係の違いについて関心があるので、毎回しっかりと予習をして、授業に臨みたいと思います。
Related Entries
Use trackback on this entry.
http://wearewhatwechoose.blog.fc2.com/tb.php/32-e4eb5098

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

プロフィール

tak

Author:tak
2014年8月より、ハーバード大学ケネディスクール(Harvard Kennedy School, HKS)に2年間留学しています。

HKSでは、エネルギー・環境政策や経済政策、交渉術、リーダーシップなどを学ぶ予定です。このブログでは、HKSでは何をどう教えているか、世界の政治経済分野のリーダーの考え方・習慣、英語学習の秘訣、その他日々の学び・感動を書き記したいと思います。

なお、このブログに書かれたことはすべて個人的見解によるものです。

最新トラックバック

ページビュー数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR