Entries

秋学期の一週目を振り返って

怒涛のような秋学期の一週目が終わりました。

一週目を終わっての率直な感想は、「やることが多すぎる!」ということです。ケネディスクールで行うことのできる活動の選択肢があまりに多く、全てをこなすことは不可能だと悟りました。

まず、授業の予習に多くの時間を取られます。授業は1つにつき週に2コマ開かれ、1コマあたり平均して30ページ程度のリーディングを読む必要があります。今僕は授業を4つ取っていますが、さらにもう一つとるか悩んでいます。単純に計算すると、30ページ×4~5授業×2コマ=240~300ページの英文を一週間に読むことになります。
また、ケネディスクールでは、各国の大物政治家や起業家を招いて開かれるフォーラム、各センター(リーダーシップや官民関係、国際関係などに関する研究グループ)の開催するイベント、研究フェロー主催の少人数の勉強会などが毎日のように開かれています。今週はエクアドルの起業家や、ネット関連起業のCEOらが来て講演を行いました。
MPA2のクラスメイトたちとの昼食会や飲み会、ケネディスクール全体のパーティ、ケネディスクールとハーバードビジネススクールの共同の飲み会など、社交イベントに関する案内も毎日のように来ます。
これに加え、ケネディスクール内で日本への理解を深めてもらうためのジャパン・コーカスの活動、来年3月に企画しているジャパントレック(ケネディスクールの学生を日本に招き、政治家との意見交換などを行う)の準備、日本研究で有名なエズラ・ボーゲル先生のハーバード松下村塾(ボーゲル塾)、ハーバードで学ぶ日本人の交流を促すハーバード日本人会など、日本に関係する企画も多くあります。

今週一週間は、これらの活動に圧倒されたというのが正直な感想です。僕は一体何のためにはるばる日本からボストンに来て、ケネディスクールで学んでいるのか。改めて考えなきゃなと思っています。
僕自身は、本業はあくまで勉強だと思っています。ケネディスクールでしか学べないことを学んで、それを日本に帰ってから、日本を良くするために還元したいというのが元々の想いです。その原点を忘れないようにしたいと思います。
他方、ケネディスクールの友人たちとの社交や、ハーバードで出会う日本人との交流も貴重だと思っています。
それぞれの活動にどれだけの時間を割くか、今は手探りの状態です。とりあえず、なるべく多くの活動に顔を出すようにしています。これから秋学期の授業が本格化していく中で、毎週のように自己を振り返り、活動の優先順位を軌道修正していきたいと思います。
Related Entries
Use trackback on this entry.
http://wearewhatwechoose.blog.fc2.com/tb.php/33-ab40a934

Trackbacks

Comments

[C17]

欲張って全部やろうとすると体がいくつあっても足りなそう、その位素晴らしい環境なんですね。これから長いボストンの勉強ですが、睡眠をしっかりキープできる範囲内での活動をお勧めします、必ず効率が落ちるからね‼︎週末毎に一週間を振り返り次の週の優先順位をつけてみたら
どうでしょう。何事にも余裕とバランスが大切だと思います。
  • 2014-09-07 18:56
  • otto
  • URL
  • Edit

[C18]

毎日楽しみに読んでます。未知の世界で心と身体のバランスを保つことは難しいことだと思いますが、拓馬くんらしさを失わないでがんばってください。遠い日本で応援しています。

[C19] Re: タイトルなし

ありがとうございます。睡眠をしっかり確保しつつ、ケネディスクールの環境を最大限活用しながら、日々を過ごしていきたいと思います。

> 欲張って全部やろうとすると体がいくつあっても足りなそう、その位素晴らしい環境なんですね。これから長いボストンの勉強ですが、睡眠をしっかりキープできる範囲内での活動をお勧めします、必ず効率が落ちるからね‼︎週末毎に一週間を振り返り次の週の優先順位をつけてみたら
> どうでしょう。何事にも余裕とバランスが大切だと思います。
  • 2014-09-13 15:46
  • tak
  • URL
  • Edit

[C20] Re: タイトルなし

ありがとうございます。ブログを遠い日本から読んでいただけるのは、励みになります。心と身体のバランスを保ちながら、日々頑張っていきたいと思います。

> 毎日楽しみに読んでます。未知の世界で心と身体のバランスを保つことは難しいことだと思いますが、拓馬くんらしさを失わないでがんばってください。遠い日本で応援しています。
  • 2014-09-13 15:47
  • tak
  • URL
  • Edit

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

プロフィール

tak

Author:tak
2014年8月より、ハーバード大学ケネディスクール(Harvard Kennedy School, HKS)に2年間留学しています。

HKSでは、エネルギー・環境政策や経済政策、交渉術、リーダーシップなどを学ぶ予定です。このブログでは、HKSでは何をどう教えているか、世界の政治経済分野のリーダーの考え方・習慣、英語学習の秘訣、その他日々の学び・感動を書き記したいと思います。

なお、このブログに書かれたことはすべて個人的見解によるものです。

最新トラックバック

ページビュー数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR