Entries

MITスローン、HBS、HLSとの懇親会に行きました

先週の日曜日に、MITスローン、ハーバードビジネススクール(HBS)、ハーバードロースクール(HLS)と、ケネディスクールの日本人学生との間で懇親会がありました。例年、これらのスクール間でどれくらい懇親が行われているかは分かりませんが、今年について言えば、たまたま同じ会社の人や大学時代の同級生がこれら4つのスクールに散らばっているためか、かなり頻繁に交流の機会があります。留学前にも、日本で、これら4つのスクールで懇親会を開いたりもしました。

彼らと話をさせてもらうと、ビジネス、法曹、パブリックと、それぞれアプローチや視点は異なりますが、日本を良くしたいという想いや、社会的課題を解決したいという想い自体は十分に共有できると感じています。また、ケネディスクールに来てみて、そうした社会的課題の解決にあたっては、これらのセクター間の協業が必要であるという当たり前の事実を、改めて感じています。例えば、エネルギー問題を例にとると、持続可能な社会に向けてクリーンエネルギーを推進するためには、発電や送電、技術開発などの事業を行うビジネスの取組みと、政策・規制を作るパブリックの両方の取組みが必要なのは、言うまでもありません。日本にいては、他分野の人たちと交流する機会は中々得られにくいですが、同じボストンの地で学び、苦労しているという背景を共有しているので、仲良くなりやすいように思います。今後も、このような懇親の機会を通じて、ビジネス、法曹、パブリックの各分野のリーダーになるであろう人たちと、垣根なく接していけたらと思います。

また、個人的には、日本の大学院時代の研究室を共に過ごした友人で現在MITスローンに留学している友人や、中学高校のバスケットボール部の先輩で現在MITスローンに留学している先輩と再会ができたのも、嬉しかったです。
Related Entries
Use trackback on this entry.
http://wearewhatwechoose.blog.fc2.com/tb.php/54-9f329baa

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

プロフィール

tak

Author:tak
2014年8月より、ハーバード大学ケネディスクール(Harvard Kennedy School, HKS)に2年間留学しています。

HKSでは、エネルギー・環境政策や経済政策、交渉術、リーダーシップなどを学ぶ予定です。このブログでは、HKSでは何をどう教えているか、世界の政治経済分野のリーダーの考え方・習慣、英語学習の秘訣、その他日々の学び・感動を書き記したいと思います。

なお、このブログに書かれたことはすべて個人的見解によるものです。

最新トラックバック

ページビュー数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR